サロンやクリニックで行われている3つの脱毛方法

多くのエステサロンでは、光脱毛という施術方法によってむだ毛処理が行われています。

通常、あらかじめシェービングをしておいた部位に光を照射して、発毛組織にダメージを与えて毛が生える能力を不能にします。
体に害のない可視光線は、黒い色に反応するという性質を持っているので、明るい色の肌には負担が少なく、痛みもほとんどありません。一度の照射で広範囲を同時にケアできるので、施術はとてもスピーディーで、脚や腕のお手入れにも適しています。

脱毛情報を集めているサイトです。

クリニックでは、レーザー脱毛が主流です。


光を一点に集中させたレーザーを照射するので、皮膚への刺激は高まりますが、より高いムダ毛処理の効果が期待できます。

ただし、光もレーザーも、日焼けした肌や粘膜には照射できないので、全身のすべての毛が処理できるというわけではありません。

OKWaveに関する情報を公開中です。

照射によって除去できない毛は、ニードル方法を使って脱毛できます。

毛穴に針を刺して電気を流し、発毛組織を凝固させます。



毛質や肌質を選ばず、永続性が高いというメリットがありますが、多少の痛みを伴うというデメリットがあります。

一本ずつ処理していくので施術に時間がかかりますが、間引きをしたり生え際を細かく整えたりするのにも理想的です。

いずれの方法も、毛が生え換わる毛周期にあわせて、成長期にお手入れをすることによって、だんだんと毛が薄くなり、一般的には数回から10回ほど繰り返せば、脱毛を実感することができます。